柏で女性に人気の高いパーソナルトレーニングジム10選を徹底比較します

パーソナルトレーニングジムに通う期間は?いつから効果が出る?

ジムでのトレーニングは以前からありましたが、現在はより個人の希望に沿った個別プログラムを受けられるシステムも注目されています。

パーソナルトレーニングと言い、自分でするのではなく担当のプロの指導を受けられ、1対1でトレーニングを受けるシステムです。

ただ一般的なジムを利用するよりも金額は高いので、それに見合った効果を得られるのかを見極めたいものでしょう。

どの位受けて効果はどの位なのか知ることは、利用を検討している方にとって知りたい情報でしょう。

パーソナルトレーニングの効果が現れるまでの期間

筋肉は一朝一夕にはつかない性質がありますし、つきやすい方とつきにくい方といった個人差はあります。

その方の希望や体格、性別によっても違うので実際にはそのトレーナーに聞くしかありません。

しかし筋肉の仕組みや一般論を知っておくと、効果期間の目安はわかります。

筋肉がつくことが実感できるまで早くて1か月程はかかります。

もし身体を大きくしたい場合や体脂肪を減少したい場合、短期間ではパーソナルトレーニングでも得ることはできません。

ただ、トレーニングを始めてすぐに、以前より強い負荷でもこなせるようにはなります。

これは筋肉がついたのではなく、運動神経が目覚めたのです。

筋肉の前にまずは神経がその運動や負荷に対してこなせて適切な動作や姿勢ができるようになって、目覚めたり発達したりします。

筋肉自体は1キログラム増やすのに1ヶ月程はかかります。

最初は筋肉がつきませんが8週間程継続すると自身で気づく位効果がわかってくるようになります。

減量目的の場合も1ヶ月に10キログラム減少は非現実的と言えます。

トレーナーはプロであり、健康的に目的を達成させる存在です。

トレーナーの指導の基に行われるので、体重なら1ヶ月に現在の体重の5%前後のマイナスを目標にプログラムを組みます。

生理学的にそれ以上はオーバーワークになり、健康を害すと考えられています。

よって効果が現れるまでの期間は1ヶ月程で実感すると言えます。

その後は個人毎の目標に応じた期間が必要になります。

筋肉増量や体重減少以外の肩こりや腰痛緩和、姿勢改善等はトレーニングを1回受けた後に実感できます。

どの位通ったり通う頻度はどうすればいいのか

パーソナルトレーニングで効果を実感するには、通う期間も大切ですが行う頻度も重要です。

実際トレーニングを週何回行った方が良い等、雑誌等で書かれていますが、トレーニングの理想は毎日行うことです。

しかしパーソナルトレーニングは効率的なプログラムなので、毎日通う必要はありません。

逆に毎日通って受けることはオーバーワークと言えます。

筋肉を鍛える際に知っておかないといけないことは、オーバーワークは逆に筋肉量を減少させてしまうことです。

筋肉は損傷してから超回復が行われることを繰り返して発達していきます。

超回復を待たず損傷ばかりしていると小さくなっていくのです。

一般的に通う頻度として多いのは週1回ですが、それだけ通って後は何もしないでは目標を達成するのは難しいでしょう。

プロの指導には1対1でのトレーニング以外に食事改善や家でできる宿題等の管理も含まれます。

指導を受けるだけでなく、自身でそれを実践する努力も良い結果を出す為には必要です。

運動の頻度としては毎日行うことが理想的ですが、パーソナルトレーニングに通ってプログラムを受けることは週1回が目安と言えます。

トレーニングに通う期間はどの位になるのか

トレーニングを始めるにあたり、その期間はどの位になるのかは疑問に感じる部分でしょう。

プロから様々な日常生活上の管理を受けるプログラムなので、それがずっと続くとなるとストレスになります。

最初に目標として掲げた地点までいくと終了となる場合が多いのですが、希望することでいつまででも続けられます。

しかしそれは現実的とは言えません。

筋肉は運動しないと当然落ちていきます。

その為毎日運動することが理想的ではあります。

パーソナルトレーニングで目標を達成した後も維持する為に通い続けられればいいのですが、これには費用と時間がかかります。

通常のジムより高額な費用と時間の確保、そしてプロの管理下での生活を受け入れられるのなら続けた方が良いでしょう。

しかしその生活を続けられる人は非常に少ないので、目標達成した後は終了するのが一般的です。

まとめ

パーソナルトレーニングジムを利用すると、姿勢が正しくなったり肩こり・腰痛等の改善は1回で実感できます。

しかし筋肉が増量したり体重減少は、人体の構造上1ヶ月から2か月経過しないと現れません。

プロのトレーナーの指導は生理学を基に組まれており、オーバーワークや不健康になることを避けられています。

設定した目標によって継続期間は異なるでしょうが、終了後には自己管理もできるようになり、トレーナーがいなくても維持することが自分でできるようになっているはずです。