柏で女性に人気の高いパーソナルトレーニングジムを5つ徹底比較します

食事制限だけのダイエットが良くない理由

一般的に、ダイエットというと食事の量や回数を減らす、食事制限を思い浮かべる方も多いと思います。しかし、単に食事を制限するだけではダイエットに逆効果があるばかりか、日頃の体調まで悪化してしまったり、重大な病気や怪我を生んでしまったりすることもあります。

ダイエットによって理想的なプロポーションを手に入れるためには食事制限に頼りすぎてはいけません。今回は、食事制限のみのダイエットが良くない理由について紹介をしていきたいと思います。

①食事制限だけのダイエットでは筋肉が減少してしまう

ダイエットの際職事制限をすると、摂取できる栄養の量が減り、その影響で筋肉量が減少してしまいます。

筋肉量が減少すると基礎代謝量も少なくなり、脂肪が燃焼されずに体内に蓄積されやすくなってしまいます。

そうなるといくら食事制限をしても、痩せにくい体になってしまうのです。食事制限による筋肉量の減少を軽減するためには、運動によるダイエットを行う必要があります。

②糖質制限は意外に難しい

食事制限の基本となるのが糖質制限です。これは体内で脂肪として蓄積されやすい糖分の摂取を制限することで、パンやご飯、麺類などの炭水化物を控えるようにして行います。

しかし糖分は野菜や果物、揚げ物の衣、お酒やジュースなどの飲料にも含まれているため、自覚のないまま摂取してしまうことになります。

そのため、糖質制限を行うのは簡単なことではないとされます。

③飢餓状態になることで基礎代謝量が落ちる

ヒトを含む哺乳類の体は、もともと脂肪を溜め込みやすい構造をしています。

更にエネルギー源である栄養素が摂取されなければ、脳が空腹であることを感知し、飢餓状態の信号を発してしまうのです。

これが発せられると、体内のエネルギー消費が抑制され、食べ物を少し食べただけでも脂肪として蓄積するように体質が変化してしまいます。その結果、太りやすい体となってしまうのです。

④栄養不足によって血行不良が生じやすくなる

栄養不足の状態では、血流機能が低下してしまい、その結果基礎代謝量が落ちて太りやすくなってしまいます。

中でも糖質は血中コレステロール値を調整する働きを担っているため、糖質制限による低血糖状態ではコレステロール値が上昇してしまいます。

そのため過度の糖質制限は、ダイエット効果が薄いばかりか、脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性があるとされています。

⑤食事制限は便秘を招きやすい

食事制限によって食べ物の量が減って便のかさが少なくなったり、食物に含まれる食物繊維の量が減少したりすると、便の排出が鈍り、便秘になりやすくなってしまいます。

特にパンや米、麺類などの炭水化物には糖質以外にも食物繊維が豊富に含まれているため、糖質制限によって便秘となる可能性もあるのです。

更に便秘状態では、血行が悪化し、その結果基礎代謝量が落ちて太りやすい体質になってしまうのです。

⑥精神的ストレスによる自律神経の乱れ

食事をするという行為には、ストレスを解消するという機能も存在します。

食事制限をすることはストレスが溜まりやすくなるということを意味し、その結果として自律神経が乱れやすくなってしまうのです。

自律神経が乱れると血流の悪化を招き、基礎代謝量を落としてしまい、痩せにくい身になってしまいます。

更に自律神経は胃腸と密接に関係しているため、その乱れは便秘を引き起こすことにもなります。

⑦消化器官の機能が低下する

食事制限によって食事の量が減ってしまうと、消化器官を使わなくなるため働きが鈍くなってしまいます。

臓器も筋肉と同じように、使わなければ衰えてしまう性質を持っており、食事制限は器官機能の低下も引き起こしてしまうのです。

器官の機能が低下すると食べ物を消化する力、栄養を吸収する力が落ちてしまい結果として基礎代謝量が低下し、太りやすい体質になってしまいます。

⑧空腹感による睡眠不足

食事を制限し、空腹感がある状況では睡眠不足に陥りやすくなります。

睡眠が不足した状態では脳内ホルモンの一種、レプチンの分泌が低下するのですが、このレプチンには満腹感を生じさせる作用が存在するため、結果的に食べ過ぎにつながります。

また、人は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって疲れを取りますが、栄養不足ではその分泌も抑制されるため疲れが取れず、ダイエット中の運動のパフォーマンスを低下させてしまいます。

⑨栄養不足によって怪我などのリスクが高まる

食事制限によって栄養が不足してしまうと、ビタミン群やカルシウムなど、人体に必要な栄養素が欠乏してしまいます。

ビタミンの不足は肌荒れにつながり、カルシウムの不足は全身の筋肉や骨などの組織を脆くしてしまい、その状態で無理な運動を行うと骨折などの重大な怪我につながる可能性があります。

また栄養不足の状態だと、その怪我の回復も遅くなってしまいます。

⑩塩分のとり過ぎによってむくみが生じやすくなる

糖質を制限するために食事の際に主食を減らすと、その分おかずを多く食べることになります。しかし、そうすると結果的に塩分を摂りすぎてしまうことになります。

塩分を多量に摂取すると、私たちの体は塩分の量を調節するために、水分を溜め込もうとしまい、がむくみの原因となってしまうのです。

またこの水分を溜め込む作用により、当然その分体重も増えてしまうことになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?ざっと挙げるだけでもこれだけ食事制限にデメリットがあります。ただし専門家指導のもとで、栄養バランスを把握しながら食事をコントロールすることも大事。

正しい食事制限はパーソナルトレーニングジムのトレーナーに聞き、運動と合わせてコントロールしてもらうのが一番のダイエットえの近道です。